« 飛んでる飛んでる | トップページ | 鼻がむずむず。 »

2013年3月11日 (月)

鎮魂の春

東日本大震災から2年を迎えました@種子島。

職場の自分の席で皆さんと黙祷をしました。

2年前、この職場内のTVに映る、津波を被る仙台空港の映像をみて「これLive?現実の

映像?」と周りのヒトに聞いたこと、昨日のことのように生々しく覚えています。

良く見知った東日本の海岸の景色が豹変し、遠く離れて暮らす私でさえ、軽い震災うつを

自覚しました。

住んでいる(た)ヒト達の思いは、もっと重いのでしょうが。。。

今日の夜のNews特番は、変に電波を受信しちゃったのか、何かが降りてきて涙と嗚咽が

こみ上げて堪らなくなり、旦那さんにTVチャンネルを変えてもらいました。

逃げずに向かい合わなくてはいけない、と思いながら。

ここ最近、南西諸島・トカラ列島付近、そして今晩は宮崎県沖東部で地震が頻発して

ます。やはり、同じプレートの上に暮らしているんだと痛感。

自分の身の上にも起こることなのだと意識しつつ、震災の記憶を忘れず伝えていくことが

せめてもの、生きている者の義務なのではないでしょうか。

大貫海岸、いまはどんな風になっているのかな。

今度、帰ったときには勇気を出して行って見たい気がします。

P3100041


春の使者^^ 

にぎやかな我が家の玄関まわり。

|

« 飛んでる飛んでる | トップページ | 鼻がむずむず。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。