« 宇宙と量子論と晩ゴハン | トップページ | やり切りました! »

2012年10月12日 (金)

今日もスケール、大な話

P8140363

朝から台風スウェル炸裂中@種子島。(写真はH-IIAロケット用射点)

職場からすぐ近くのポイントの駐車場、出勤時にちらと横目で見ると沢山のクルマが。

きっとすっごい波がごいごいと来てるんだろうなぁ~と思いつつ、スルー。

昼休みにMermaidさんのブログの写真を見て”やっぱり~”と納得。

私ときたら情けないことに火曜日に職場で「ぎっくら腰」(ぎっくりまでいかない)風に

腰をねんざしてしまいました。今日になって、やっと腰ベルト無しで過ごしてます。

明日は西面で出来たらなぁ・・・って思いますが、パドル出来るかな???

さて今月はイベントがまだまだ多いんです。

日曜日(14日)は、種子島宇宙センターの施設一般公開に裏方で参加(普段は行けない、

ロケットの射点まわりを歩くことも出来ます!ぜひ来てね~)、27日の土曜日には、

伊能忠敬翁の種子島測量から200年目を記念した「INOウォークin種子島」があるんです。

興味がすっごくあるんですけど(笑)。腰痛の悪化が心配だからな。。。

伊能忠敬はもともと「天文学」が好きで”地球の大きさが知りたい!”っていうことが

そもそもの始まりだったって知ってました?地球の全周を求めるため、自宅の深川から

幕府の天文台のあった浅草まで徒歩で距離を測り(この間の緯度差が分かっていたので)

計算して求めてみた→師匠の学者に最初の計測距離が短すぎる、せめて江戸⇔蝦夷

くらいの距離が必要と言われ→幕府に「蝦夷の地図を作る」という理由をつけて旅の

許可を得る→地図の出来栄えが素晴らしかった→幕府が本気になり「日本中の地図を

作るべし。」→国家一大プロジェクトへ。凄いですね~。

そうそう江戸⇔蝦夷間の距離をもとに伊能忠敬が計算した地球の円周の距離は、

現在把握されている数値と比べて1000分の1の誤差しかないそうです。

途方もなく気の遠くなるような作業なのに実直にコツコツとやり続ければ実になっていく。

近道を選ばず遠回りでも自分に誠実に。そんな気持ちになりました。

|

« 宇宙と量子論と晩ゴハン | トップページ | やり切りました! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。