« 海へ行ってはみたものの。。。 | トップページ | 今日は贅沢?にPizza »

2011年10月11日 (火)

ご報告・2

今日は暑くもなく寒くもなくほどよい良い感じ@種子島。

10月だというのに過ごしやすくて申し訳ないほど。

さて昨日の夕方のNEWSで久し振りに「日光の紅葉」を見ることが出来ました。

ヘリコプターからの生中継で秋深い風景をここ、南国?鹿児島でまさにLiveでみれて

何の準備も出来てなかった私のココロが少し動揺しましたね。

まぁ、いわゆる胸キュンな風景だった訳で。

紅葉する樹木がほとんどない種子島に暮らす私には、あれほど木々が赤くなっている

ことに驚き、今このとき半袖Tシャツでいる自分に驚きます。。。

さてさてこのブログでカミングアウトした試験の結果についてですが、意外にも多くの

反響があり嬉しいばかりです。なので、あまりメジャーでない気象予報士試験に

ついてのご紹介を。。。

試験は現在年に2回行われ、学科(一般・専門)の2科目が5択のマークシート方式で

実技が2テーマで記述式となっています。学科が2科目とも合格しないと実技の採点が

行われないので、学科がALLクリア出来ずに負のループに延々と陥るキケンがあります。

学科は1科目でも「科目合格」があるのですが、免除の猶予期間が1年しかないので

全部揃って合格、が厳しいのが現状です(実体験・涙)。

無線従事者の科目合格は、同じ国家資格でも3年の猶予があるのに!!

学科の試験範囲は、試験機関の(財)気象業務支援センターのHPに詳細がありますが

実技ってどんな試験なの?って良く聞かれるので、ちょこっと書くと10数枚にわたる

天気図、レーダエコー図等の資料、エマグラム等の専門的な図等を見ながら、設問に

対して気象状況を解析したり、予想したり。(エマグラム、興味あったらググッて下さい^^)

意外かもしれませんが、単純に晴れ・雨を予想する問題はまず出ません。

それよりも図や資料から読み取れることを淡々と記述する問題が殆どなのです。

でもそれが難しい~。

好きなだけではダメなのね・・・と思い知らされた実技試験の関門でした。

Pa020150 

先日のPhoto.ずっと叱咤激励してくれてた旦那さん。

|

« 海へ行ってはみたものの。。。 | トップページ | 今日は贅沢?にPizza »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。