« これから。 | トップページ | 読書の晩夏。 »

2011年9月 7日 (水)

みんなで考えました。

朝晩、驚くほどひんやりしてきました@種子島。

昼間はまだまだ陽射しも強く、気温もぐぐっと上がるので、寒暖差で鼻水ずるずるしている

ヒトが多いですね。自分も気をつけよう。。。

昨夜は、この度の海難事故について南種子町のサーファー皆で集まり、21時過ぎまで

考えられる原因は?今後の私達のするべきこと。など、テーマに分けて話し合いました。

内容は、ブログ「種子島Island Sick」さんにありますので、ここでは詳細を省かせて

頂きますが、つくづく感じたことはサーフィンをしたことのない方(行政の方々等の)に

全ての事をいますぐ理解しろ、納得しろ、というのは無理であろうということです。

色々議論しましたが、結局とどのつまり、このことがカベとなり、少し意見が出ては、

うぅーーーんと皆で考え込む、を繰り返す状況でした。

でも皆、真摯にとらえていて、この時間をもったことは良かったと思います。

ここからは私の個人的な意見、感覚です。

他人に自分の(する)ことを認めて頂くには、言葉でいくら言うよりも黙して行動を見て

もらうことしかないのでは、と思うのです。

自覚を持った行動を続けていれば、いつか分かってくれるヒトが一人ずつかも知れません

が増えていくはずだと思うのです。

確かに今回、多くの方にご心配を掛け、労力を掛けさせてしまいました。

非難のことばも頂きました。

それらをすべて甘受した上で、これからの私達は行動していかなくていけない、と

強く思います。

サーフィンをすることがただの休日の趣味でなく、生きていく上で人生の当たり前の行動の

ひとつ、となっているヒト達がいることを、少しずつでも理解してもらうために。

|

« これから。 | トップページ | 読書の晩夏。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

すばらしいご意見です。
なんか嬉しい。
私には言葉にできなかったけれど、そういうことだと
思います。

chobiさんファンとしてこれからも付いていきます!!

投稿: まち | 2011年9月 8日 (木) 09時56分

まちさま
そんなことないですよぉ。
まちさんこそ、ひとつひとつ、きちんと誠実に答えていて凄いなぁって
思いました。

先日の夜、集まった皆ひとりひとりがとても真剣に今回のことを
受け止め、意見を持ち、それは逆にいえば、皆がどれだけ
海&波乗りに対して(内面は)真摯に向き合っているのかを
痛感しました。

今回のことが何かの間違いだったら良かったのに、といまだに
思うけれど、でも起きてしまったからこそ、その後は良くなった、
と言える(または言われる)ように進んでいくしかないですよね。


投稿: chobi | 2011年9月 8日 (木) 15時37分

この記事へのコメントは終了しました。

« これから。 | トップページ | 読書の晩夏。 »