« スケール大な話。 | トップページ | 台風スウェルはどこへ~? »

2011年6月22日 (水)

カタイ話。

羽嵐(造語)の一夜が過ぎた南種子@種子島。

いやぁ~夕べの襲来は凄かったです。我が家の居間の目の前、延長線上に街灯が

立っているのですが、そのシルエットを隠すほど集合し、ぐるぐる回る様子は「回り灯籠」

のようでした。コワイですねぇ~。さぁ、何のことを言っているのか想像力を働かせよう^^

でもこれでようやく梅雨も明けていくと思うと、越えねばならない試練なのです。。。

さて本日の話。

昨年の9月に打上げられた”準天頂衛星「みちびき」が測位信号を提供開始”とのこと。

もう既に対応した受信機も市販されているそうで、どんどん利活用しなければ!です。

そういえばこの前、ちらっとTVで見たのですが、GPSが地震予知に使えそうなんですって。

地殻に変動が起きる際に、受信機の電気信号が通常より多く出るというデータがあって。

昨年の打上げ時には、マスコミから「今更、日本でGPSの衛星を打上げる意味」なんかを

問われてたりしてましたが、位置情報取得以外にこんなオマケの役目も出来たらスゴイ

じゃないですか。すでにGPSのシステム自体は、かなり構築されているものなので、

他の地震予知システムを開発するより、時間もお金も少なくて済むと言うし。

確かにロケットを打上げてもその日からみんなが幸せになれる訳じゃないし、スパコンが

世界一になったNEWSも”仕分人”のコメントがまたフューチャーされただけで、詳しくは

よく分かんないし。

でもヒトは、こんなこと出来たらいいなっていう夢や希望がないと将来に向かって生きて

行けないというのがあると思うので。。。

ま、夢のある技術ばかりでないのが、またヒトの困ったところでもあるんですが。

Wall_michibiki_4

「みちびき」さん。ISAS HPより。

|

« スケール大な話。 | トップページ | 台風スウェルはどこへ~? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。