« やっぱ、春は遠かった | トップページ | てっぱんの思い出・2 »

2011年2月16日 (水)

てっぱんの思い出

今日は冷たい雨の一日@種子島。

一進一退までいかない、春への遅々とした足取りっていう感じです。

海も先週末は、中種子町の「セントラルシーズ」との合同ビーチクリーンに出掛けたのみ。

TKポイントが出来てましたが、風邪気味の我が家はパスで(苦笑)

さて先日、TVで面白い特集の番宣を見ましたよ。確か、「機械系女子」の特集。

様々な業種で働く「機械系女子」をフューチャーするみたいな。元「機械系職業主婦」と

しては興味津々でしたが、いかんせん深夜帯だったので断念。その代り、NHKの21時の

Newsで、国内大手の自動車部品メーカで1つの製造ラインを丸々女性だけで構成して、

いる会社の紹介VTRを見ました。

きっかけは、後ろ向きなんだけど、男性がなかなか集まらなかったからだって。

でも女性にしたことで、逆に今まで自動化していた部分を手作業に戻したら、良品率が

上がったというんだから、面白いですよね。工場内に保育所があるので、採用されると

即、預かってもらえるから「待機児童」の問題もクリアできてたし。

可笑しかったのは、NC工作機械の操作レバーの位置を女性の体格に合わせてうんと

下げて取り付け直してたり、円陣になって指差し呼称してるんですけど、男性が1人も

いなくて。あ~気分良い(笑)女だけって。

いやいや、まじめな話、製造業って確かに今、頑張ったモノが目の前に見える形で

積み上がっていくじゃないですか。それが醍醐味ですよね。

他の業種がどうの、というんじゃなくてこれがこの仕事のいいとこだな、と。

自分もつたないスキルながら2次元の平面に描かれた3面図とタタカイ、結果どどーんと

3次元の金属の立体物として出来上がったのを見ると、ちょっと鳥肌ものです。

まぁ、ほとんど職人さんのウデのお陰でしたが。

そんな、アツイ日々を思い出しちゃいました。

Dsc_0085a

これは、H-ⅡBロケットのエンジンの燃焼試験のときのものですね~。

ロケットは補助のブースタも搭載するのですが、その先端部分のノーズコーンは、

割と小さなへら絞りの工場で作られてたりします。。。すごいぞ日本の職人さん(熱)

|

« やっぱ、春は遠かった | トップページ | てっぱんの思い出・2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。