« 春の使者 | トップページ | おとなの修学旅行。 »

2010年3月14日 (日)

桜の思い出

Dsc_0015

今日も暖かく高気圧に覆われた種子島。

南風が強くて海は良くなかったらしい。ま、しょうがないですよね。

さて昨日の記事のお陰で高校生の頃の記憶の海馬がぱかっ、と開きまして、

桜の季節(しつこいですが種子島はもう葉桜です)になると生物の先生を

思い出すのです。その先生は新学期早々、あるとき授業を数日休みました。

そして休み明けに、「皆さん、休んでしまってすみません。実は奈良の吉野山まで

桜を見に行っておりました」そして“吉野の桜の素晴らしさ”を語ったあとで

何でもなかったように授業。私達は「……」。へぇー先生ってそんなことで

休むんだぁ~と妙に感心。

また、初めての中間テスト前には「テスト問題は、別の先生が作ります。残念

ながら。私が作ると“難しすぎる”って、怒られちゃうんですよ。」、「前に作った

問題?例えば、“美味しい生野菜サラダの作り方“とかなんですけど。」私達「……」、

「その模範解答はですねぇ、まず作る直前まで冷蔵庫でよく冷やします、そして…」

と続いたのだが、この先は記憶が無い(笑)

えーと一応、弁解させてもらうと埼玉の県南地区では宇宙飛行士の若田さんの母校の

次くらいのレベルだったんですけど。。。

でも私は、このヒトをくったようなmyペースの先生をキライではなかったですね。

授業自体のレベルは難しく、きちんと知識を教えてくれましたから。

ただ、“教師”というより“学者”さんみたいな方でした。

もうとっくに定年退職しているよなぁ。。。

懐かしいな。

PS お気に入りブログに追加させて頂きました。南種子のご機嫌なSinger&カメラwoman

  O-kayさん

|

« 春の使者 | トップページ | おとなの修学旅行。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。