« 風立ちぬ。秋 | トップページ | お手本のような秋の夜長。 »

2008年9月26日 (金)

一期一会。

Dsc_0048a

今日は朝早くからの雷鳴で飛び起きた種子島。

それもあっという間に去り、6時過ぎには青空が顔を出し、大気が黄金色に光っていた。

なんてwildな朝なんだろう。今日は一日どんな日になるのか?なんて思いをめぐらせて

しまう瞬間だった。

仕事の後、今晩は島を離れるヒトの送別会があり、参加させてもらった。

行くヒト来るヒト。島は元々の人数が少ない分、出会いと別れのインパクトを大きく感じる。

ほんの少しの期間の知り合いでも、別れに対してとても感傷的な気持ちになる。

やっぱり海に囲まれている所以なのかな。

でも大きなエリアで言えば、”本州だって島じゃん”とは思うのだけど。。。

少しの期間でもそのヒトの人生の中で”種子島で暮らした”という事実はあるのだから、

その記憶を大切にして欲しいなぁなんて願ったりして。

自分が今、住んでるところですから。

さて夕方の強い強い北東の風が、今この時間で弱い西風になってきた。

明日の海はどんなだろうか。

|

« 風立ちぬ。秋 | トップページ | お手本のような秋の夜長。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。