« 自然からの贈り物 | トップページ | こころもよう・そらもよう »

2008年7月29日 (火)

月曜の夜は長い夜でした。

今日は・・・何だか外を見る余裕もない、気ぜわしい一日でした。

の~んびり暮す種子島Lifeのはずが、ちょ~っと違っちゃいましたねー。

まぁ、こういう日もあるでしょう。。。

ところで夕べは何故か眠れず、時計とにらめっこの連続でどうしよう・・・と思っていたら

突然、空から轟音が近づいてくるじゃないですか!びっくりして飛び起きると、どうやら

町役場の方へ飛んでいくヘリコプターのようでした。

多分、急患を迎えにきたのだと思います。

数分後、また轟音をとどろかせて鹿児島本土の方へ向かって飛んでいきました。

我が家には、ちょうどその方向(北東)に向かって、ウッドデッキがあるのですが

眠れないついでにそこに立って、しばらく満天の星空を眺めてみました。

1分ほどの間に流れ星が2、3個流れていき、8月12~13日にかけて極大を迎える

ペルセウス(座流星群)がもう流れ始まってるのかなぁ・・・と思ってみたりして。

ついでにいうと我が家の目の前には、特大の街灯があり(End of 街灯 in 上中の)

かなーり周りが明るいのですが、それでも星空にまたたく星は恐ろしいほど見え、

その星の数のせいで、夜空が白っぽく見えるのです。胸が息苦しくなるほどの数でした。

昼間と違い、空を低く感じるので、圧迫感もモノすごいのです。

「銀河宇宙」っていうコトバに説得力を感じる一瞬でした。(ほんと!福島県の浄土平より

星が見えた)

夜空に去っていくヘリコプターの赤い尾灯の”動”と、美しすぎる星空の”静”との対極的な

感じが印象に残った夜でした。もしあのヘリコプターに病人の方が乗っていたとしたら

無事であってほしいと思わずにいられない気分になりましたね。

布団にもどって時計を見ると、午前0時過ぎ。まだまだ眠れそうもないので、台所へ行き

焼酎の湧き水割りを飲んで布団にもぐり込み、次に起きたときは朝でした。

こんな感じで一日をスタートさせるのは、やはりイイことではないですね。

今日はこれで寝ま~す。

Dsc_0019

|

« 自然からの贈り物 | トップページ | こころもよう・そらもよう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。